ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 子どものときに体を動かすことの大切さ

子どものときに体を動かすことの大切さ

「子どもの姿勢が気になるんです。」「子どもの猫背どうにかしたいです。」
という保護者の方の声をよく耳にします。
そして、「最近の子は姿勢が悪い」という世間の声もあります。
なぜ姿勢の崩れが出ているのか、、 以前のブログでもお伝えしましたが、
環境によるもの(便利なものが増えたこと、外遊びをする機会が減ったことなど)が大きいです。
<昔の遊び>
    
<今の遊び>
なぜ、子どもの時期に身体を動かす(遊ぶ)ことの大切なのか。
ゴールデンエイジという言葉は聞いたことありますでしょうか?
ゴールデンエイジとは、子どもの身体能力、運動能力が著しく発達する時期で、5〜12歳の時期をいいます。
この時期に色々な動きをすることにより、運動神経を発達させ、身体の動かし方を身につけることにつながっていきます。
またゴールデンエイジの中でもプレゴールデンエイジと呼ばれる5〜9歳は、神経系が最も発達する時期になります。
下の表はスキャモンの発達曲線といい、身体の4つの発育パターンを示しています。
神経系は、出生直後から急激に発達し、4~5歳までには成人の80%程度(6歳で90%)にも達します。
昔は、外遊びの中で体の使い方が自然と身につき、それが姿勢づくりにもつながっていました。
しかし、最近は外遊びの機会が減少し、遊びの中で身についていたものが身につかず成長している子が増えてきています。 それが姿勢の崩れにもつながってきています。
体を動かした方がいいのは分かってるが何をしたらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
普段の生活の中で使えていないところを使うことが姿勢づくりにも大切です。
2〜4月の最終土曜日に親子コンディショニングのイベントを行います。
親子で楽しみながら姿勢づくりをしていきませんか?
お申し込みはこちらから↓

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら