ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 今年もやっぱりここからスタート!【エクササイズ編】

今年もやっぱりここからスタート!【エクササイズ編】

滋賀県守山駅前にあります

姿勢改善専門スタジオ ビースタイルのMiHOです。

写真 2015-09-04 22 26 02

 

 

 

 

 

 

今回より「ブレストレーニング」の方法を

お伝えしていきます。

 

この「ブレストレーニング」ですが

「トレーニング」といっても

頑張って息を吸ったり、吐いたり

また筋トレをおこなうわけではありません(^^)

 

私たちが生まれてすぐにからおこなっている「呼吸」を

もう一度正しくおこなうだけです。

 

誰に習ったわけでもない「呼吸」ですが

生命維持活動の他にとても大切な役割があります。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは「泣くのが仕事」と言われますが

あの行為はただ「不快感を伝える」だけでなく

泣くことで「コアの筋肉を使うトレーニング・コアの獲得」をします。

 

では

このコアとは何か?

 

それは私たちのカラダの一番奥で

姿勢を支えている筋肉のことです。

(その筋肉の詳しい話はコチラをご参照ください)。

 

これらが働くと腹腔の内圧が高まり

内臓が元の位置におさまり

さらに、背筋が伸びるようになりますので

お腹まわりもスリムになります!

(イラスト左のようになります)。

写真 2015-10-17 11 18 52

 

 

 

 

 

 

 

私が実際にお会いした方には1回のセッションで

ウエストが十数センチ細くなり

ズボンのウエストを安全ピンで留めて

お帰りになった方もいらっしゃいました!

 

もちろん、お腹まわりがスッキリするだけでなく

カラダの軸ができるので姿勢も崩れにくくなり

疲れにくい&動きやすいカラダつくりにつながっていきます。

 

これが、Be-Styleの基本の一つです。

 

そんな「ブレストレーニング」の

今回はウォーミングアップともなる

今どのように呼吸をしているかの確認方法と

正しい呼吸をするために

硬くなって動きにくくなっている筋肉を

もともと状態にする方法をお伝えします。

 

そして、私はNCA(日本コンディショニング協会)認定の

プロフェッショナルコンディショニングトレーナーでもありますので

そこで学んだことからもお伝えしていきます。

 

【呼吸の確認方法(セルフモニタリング)】

胸とろっ骨に手をあて、動きを確認。

胸は前へ、ろっ骨は横へ動きを感じられるか、

またその動きの大きさを確認。

IMG_0158_1

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな変化が出るのか、ワクワク実感ポイントです☆

次の「ろっ骨リセット」後にも

再度おこなってくださいね(^^)

 

 

【ろっ骨のリセット】

(上部) 

胸の中央から脇に向かってさする。

数回繰り返し、骨の間に指を圧しあて

同様に手を動かす。

胸 ドルフィングIMG_0153_1

 

 

 

 

 

 

 

(下部) 

手をL字型にし、ろっ骨に圧しあて

上から下へとさする。

 

胸がスッと軽くなったり

息がスムーズに入る感覚があればOKです。

《参考:NCA(日本コンディショニング協会)》

 

 

初めての方は、なんとなくでも結構です。

スキマ時間に何かをしながらにでも

おこなってみてください。

 

次回からは、いよいよ実際にエクササイズを

はじめていきます!

それまで、ぜひこのウォーミングアップをして

お待ちくださいね♪

 

この先が待ちきれないという方は下記までご連絡くださいね☆

 

ご体験のお申し込みはこちらまで⬇⬇⬇⬇

お申込みフォーム (※お問い合わせ内容にご希望プログラムをご記入下さい)

http://www.be-style2014.com/contact/

または 姿勢改善専門スタジオ Be-Style

TEL  077-584-5644

MAIL  info@be-style2014.com    

※初めてお問い合わせいただく場合

PCメールの受信拒否設定をされている方は 変更をお願いいたします。

万一、設定変更ができないとのことでしたら

お電話番号を入力していただく項目もございますので

必ずご入力をいただきますよう よろしくお願いいたします。

 

 

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら