ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > ぽっこりお腹が気になる!?働き盛りの20代男性に送る腹筋対策

ぽっこりお腹が気になる!?働き盛りの20代男性に送る腹筋対策

ぽっこりお腹が気になる!という、20代の方の声をよく聞きます。お腹まわりのお悩みは中高年の方だけじゃないんですね。
働き盛りの男性は、食事の時間が不規則になりがちで、仕事の忙しさから運動不足になり、お腹が出てきてしまうようです。

自宅で腹筋をがんばっている方も多いのですが、効果が出ない場合があります。それはもしかすると、姿勢が悪いことが原因かもしれません。

姿勢を改善すると、リンパがながれ、呼吸が整うため、腹筋をしっかり使えるようになり、短期間でトレーニングの効果が出るようになります。


目次

・腹筋をがんばっても、ぽっこりお腹が凹まないのはなぜ?
・腹筋をお腹がへこまないのは、姿勢の崩れが原因かも
・腹筋が効かない原因は、筋肉がないのではなく、使えない姿勢になっているから
・腹筋をする前にやると効果的!リンパを流して、正しく呼吸
・まとめ


腹筋をがんばっても、ぽっこりお腹が凹まないのはなぜ?

カラダの部分でどこが気になりますか?
と聞かれると、男女ともに「お腹周り」と答える率が圧倒的に高いです。

では、皆さんはお腹周りをスッキリさせるために何をしますか?
腹筋1日100回?(笑)


有酸素運動?


食事制限?



もちろん、全部大事です!
しかし、それで解決していたら世の中お腹周りで悩む方は
もっと減っているはず・・・

特に最近は20代の働き盛りの男性でぽっこりお腹に悩んでいる方が多いようです。

カラダも動きますし、筋肉もそれほど落ちにくく、代謝も高い時期なのになぜお腹が出てきてしまうのでしょう?

外食や飲みに行く機会が多い方はもちろん、食事のコントロールも大事です。

ただ、忘れて欲しくないことが一つあります!

腹筋でお腹がへこまないのは、姿勢の崩れが原因かも

ぽっこりお腹を凹ませようと、腹筋をどれだけ頑張っても効果がなかった方は、
姿勢の崩れが大きな原因となっている可能性が高いです。

特に、長時間同じ姿勢が続く方は要注意!
例えば、長時間デスクワークをされる方、
デスクワークをしている時の自分の姿勢をちょっとイメージしてみてください。

・画面を覗き込んでいる
・片肘をついて身体がどちらかに傾いている
・脚を開いて座っている
・背もたれにもたれかかっている
・カラダをひねった状態で作業している


どの体勢も、筋肉が偏った使い方になってしまいます。
筋肉は偏った使い方をすることで、頑張りすぎる筋肉と
サボってしまう筋肉にわかれてしまいます。

どちらにせよ、この状態では腹筋は上手く機能しません。
筋肉が上手く動いてくれないと、老廃物もたまりやすくなり、さらにお腹がひっこみにくくなってしまうことに・・・

だからこそ、姿勢が崩れていると、腹筋をしてもなかなか筋肉が刺激されず、変化が出にくくなってしまうのです。

腹筋が効かない原因は、筋肉がないのではなく、使えない姿勢になっているから

トレーニングは筋肉が最大限伸び縮みして効果が得られるもの。
姿勢が崩れ、老廃物の流れも滞ると腹筋が動けなくなりうまく伸び縮み出来ない状態になります。

ではそのままガンガン腹筋するとどうなるか?
こんなこと経験されていませんか?

腹筋をして首が痛くなった・・・
腹筋をして腰が痛くなった・・・

人間は賢いので、
腹筋とは別の筋肉を使って腹筋的な動きを演出してしまいます(笑)
前者は首の筋肉を動員しすぎて腹筋の演出をしているパターン、
後者は腰から脚にまたぐ筋肉を動員しすぎて腹筋の演出をしているパターン。

意外と腹筋はやれているつもり!?に陥りやすいトレーニングなのです。

腹筋をする前にやると効果的!リンパを流して、正しく呼吸

腹筋が正しく伸び縮みできるようにやるべきことはズバリ2つ!

1. リンパを流し、骨盤まわりの老廃物の流れを改善

ずっと同じ姿勢が続く方や、よく飲みにいく機会が多い方、冷たいものをよく飲む方、カフェインを良く取る方は、リンパの流れが滞り腹筋が正しく使えない可能性大です。
ウエストまわりを触ってみると力を入れていないのにカチカチ、左右の骨盤の高さが違うということはないですか?
まずは老廃物の流れを改善し、お腹まわりの動きを作りやすくします。

2. 正しく呼吸する

正しく呼吸をすることで何層にも重なるお腹の筋肉の中で一番背骨に近い部分の筋肉、いわゆるインナーマッスルといわれる筋肉が刺激されます。
お腹周りをコルセットのように巻く『腹横筋』を鍛えましょうなんて最近よく聞きますが、その筋肉だけではありません!



その筋肉を始め計4つの筋肉を呼吸によって刺激します。


この筋肉達は内臓を支え、お腹が前に出て来ないよう姿勢をキープしてくれるお仕事をしています。
正しく呼吸が出来る事でインナーマッスルを刺激し、より腹筋が活性化される状態にします。
胸に手を当てて息を吸ってみてください。
みなさんの肋骨はしっかり動いていますか?
動いていない方は正しく呼吸できていない可能性大!

 

この二つをおさえた上でよくある腹筋やスクワット、有酸素運動などのトレーニングをする方が、
よりお腹まわりが燃えやすくなりますよ!

まとめ

腹筋が上手く働いていない状態でトレーニングしたからといって、決して効果が無いというわけではありません。ただ、上手く働かせてカラダを動かした方が短時間で効果が出ます。

トレーニングは筋肉を傷つけることであり、多少也ともカラダにストレスがかかります。せっかく頑張るなら、正しく筋肉にスイッチを入れて、できるだけ早く変化が出た方が嬉しいですよね。

20代のお腹に悩む男性の皆さん、カラダ自体はとてもよく燃えるチャンスですので、燃えにくくなっちゃう前に手を打っておきましょう!

自己流でトレーニングを続けているけど、いまいち効果が出ていないとお悩みでしたら、Be-Styleの体験レッスンにお越しください。

効果的なリンパまわりのリセットや、呼吸の方法をアドバイスさせていただきます。

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら