ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 写真を撮ると肩の高さが違うといわれたことはありませんか?

写真を撮ると肩の高さが違うといわれたことはありませんか?

写真を撮ると肩の高さが違う!?

普段写真を撮る時に、肩の高さが違って撮れているということはありませんか?
もしくは証明写真など人に撮ってもらう時に、「肩の高さが違うからこっちの肩をもう少し下げて」など修正されてしまったことはありませんか?


僕はその一人です(笑)
自分の中ではまっすぐ立てているつもりでも、日常生活の癖や楽器やスポーツなどによる偏った筋肉の使い方で無意識に姿勢が変わっていきます。

特に、大人になればなるほど普段やる動きって結構同じことばっかりであることが多いです。
偏った筋肉をまず整え、エクササイズすることで改善する期待はできますよ!

 

肩の高さが違う原因は!?

これは逃げの言葉になりますが人によって様々なのです(笑)
肩自体が原因の肩もいらっしゃれば、そうでない方もいらっしゃいます。

肩自体が上がっているもしくは下がっているパターン、
骨盤の高さが左右異なるパターン、
膝の曲がりの左右差によって肩の高さが異なるパターン、
足裏のアーチの左右差によるパターン
背骨の側弯によるパターン、

などなど、肩だけが原因ではないこともあるということを認識いただければ幸いです。
原因が一つのこともあれば複数のことだってあります。

なので、肩が原因ではない場合に無理やり肩を揃えても、また自然体で写真を撮った時には肩の高さが・・なんてこともあるわけです。

簡単に自分の姿勢をチェックしてみましょう。
まずは立った姿勢で肩の高さをチェック・・肩の高さが違う。



次に座って肩の高さをチェック・・肩の高さはどうですか?

そのまま肩の高さに変化がない場合は、肩周りの筋肉が影響している可能性が高いです。
ただし、肩の高さが変わってしまう場合、背骨や骨盤、下半身のバランスが影響している可能性があります!



その場合は肩以外にもアプローチが必要です!

 

まずは自分を見つめ直してみましょう!

まずやっていただきたいことは姿勢チェックです。
ご自身の姿勢をチェックしてもらったことはありますか?
姿勢は普段無意識なぶん自分が思っているのと実際が異なることもあります。
まずは自分の姿勢がどうなっているのか?左右差はどこが原因で出ているのか?
ぜひ専門の人に見てもらうことがオススメです!

また、日常生活を見直してみてください。偏った身体の使い方をしていませんか?
いつも同じ方向に身体を捻っている(パソコンの画面やテレビが真正面でないなど)、
よく片方の肘をついている、
脚を組むことが多い、
長時間の運転が多い、
バッグをよく同じ側で持つ、
左右非対称なスポーツをしている、
などなど何気ない動きがみなさんの姿勢に大きく影響を及ぼしています。
思い当たることはありませんか?

ちょっとわからないなあとお悩みの方はお気軽にご相談くださいね!

 

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら