ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 子ども達にもコンディショニングを!

子ども達にもコンディショニングを!

子供たちの姿勢が問題に!?

近年、スマートフォンやその他の電子機器の普及の影響もあり、
子ども達の姿勢も問題視されるようになってきました。

電車でもずっと下を向いてスマートフォンでゲームをしていたり、音楽を聴いたり、
漫画を読んでいる子ども達の姿を見かけることが多いのではないでしょうか?


スタジオにも、これまでにねこ背が気になって・・・
肩こりがひどくて・・・
という悩みで脚を運んでくださる学生の子もいらっしゃいます。

これを読んでくださっている学生さんがいたら自分の姿勢を気にしたことはありますか!?
猫背だと言われたことはありませんか!?

また、お子さんがいらっしゃる方は自分のお子さんの姿勢はどうでしょう?
カラダに不調を感じていたりしませんか?

 

Be-Styleに脚を運んでくれる子ども達

当スタジオでは、18歳までの子ども達のトレーニングサポートもさせていただいております。

スポーツのパフォーマンスアップを目的に来て下さっている子が多い中で、
若いながらも大きな怪我を経験していたり、不調を抱えている子もみられます。


故障による手術経験がある、膝痛、股関節痛、足首痛、腰痛、脚がしもやけで痛い、などなど
まさに大人のような悩みばかり・・・

せっかく自分が熱中できることがあっても、不調があることで動きに制限が出たり、
パフォーマンスが落ちてしまってはもったいないですし、本人が一番辛いはず。
もちろん、
猫背と指摘されて改善したい、受験勉強で肩こりが辛いという日常でお悩みがある
お子さんもいらっしゃいます。

当スタジオでは、そのような子ども達にも大人と同様にカラダを整える重要性を伝え、
自分で自分のカラダを整えられるように指導をさせていただいております。

実際に、姿勢が改善することで不調が改善したり、カラダの動きやすさを感じてくれる
子が多く、改めて子ども達にも姿勢を整える大切さを痛感しています。

早ければ早いほど!

若いっていいですね(笑)
姿勢の歪みがあっても、子ども達はしっかりトレーニングをする事で改善が早いケースが多いです。

特に、スポーツをしている子はずっと偏った筋肉の使い方をしがちになりますし、
勉強を頑張っている子もずっと座って下を向きがちなので、筋肉の使い方が偏ります。
筋肉は良い意味でも悪い意味でも賢いので、その使い方をする時間が長ければ長いほど、
筋肉はその状態を記憶してしまいます。



逆に言えば、早くに偏った使い方を意識して、トレーニングをしてあげることで、
筋肉は良い状態を記憶してくれるのです!

手を打つなら正しく早いうちに!が重要ですね!

つい最近の陸上競技をされていた同世代の方とのトレーニングで、
「このトレーニング、現役の時に知ってたらなあ」
という半分嬉しくも半分歯がゆいお言葉を頂戴しました。

僕も同感です(笑)
学生の頃からずっと腰痛に悩まされてきた僕は、
コルセットを巻きながらも無理矢理トレーニングや練習に励みましたが、
結局腰椎が分離してすべり症の診断を受け、手術する以外に治す方法はなくなりました・・



一生付き合っていく自分のカラダは自分でコントロールできるように!
僕自身もトレーニングを続けていきますし、受けてくださっている皆さんにも、
これから未来ある子ども達にも、それぞれに必要なトレーニングを提供したいと思います!

 

人の痛みをわかる男を目指して~KoTaRo~

 

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験のお申し込みはこちら