ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > ダイエット中に果物はOK?NG?

ダイエット中に果物はOK?NG?

お正月太りしていませんか?


年末年始は何かとカロリー過剰摂取になりがちで
Be-Styleのお客様からも、「お正月太ってしまった!」
といったお声がチラホラ・・・・

今年の目標は「痩せること!」と意気込まれている方も
多いのではないでしょうか?

ダイエットのポイントを今日は2つお伝えさせていただきますね!


①朝ごはんを必ず食べること


摂取カロリーを減らすために、1日の食事の回数を減らされる方、
一時的には体重は減るかもしれませんが
リバウンドしやすく、以前より体重が増加する可能性もあるので
食事は3食しっかり摂りましょう!
特に朝ごはんがポイントです!
朝ごはんを抜いたり、ヨーグルトだけで済ませることは控えましょう。

ここで豆知識ですが、『朝食=break fast』と言われるのは
朝食を食べることで絶食状態(fasting)を壊す(break)
という意味からできた言葉だそうです。

つまり、朝食の役割としては、前日の夜から何も食べていない
『絶食』状態で身体が飢えていることから回復させる
重要な意味があるのです!

朝食を食べないとエネルギーが補給されず元気が出ないのに加え
飢餓状態が続くため、お昼ご飯を食べた時には
身体が出来るだけエネルギーを貯めておこうと、
糖質や脂質が脂肪として吸収されやすくなるのです!

朝食を抜いたはずなのに、痩せないのはこのためです。

しっかり朝食を食べてくださいね!
特に必要なのが、人のエネルギー源である炭水化物です。
ヨーグルトで済まさず、ご飯やパン(菓子パンはNG!)を
少しでも食べることから始めてみましょう。

②果物を食べないこと


果物はなんとなくカロリーが低く、ミネラル豊富で
ダイエットには最適ではないかと思われがちですが、
実はダイエットには果物はNG!なんです。



何故かというと、果物に含まれる糖は『果糖』といわれ、
同じ『糖』でも、炭水化物の『ブドウ糖』と異なるのです。
先ほど炭水化物はエネルギー源ですと書きましたが、
それは『ブドウ糖』がエネルギー源として働くからです。
『果糖』は脂肪として蓄積されやすい性質であり、
なんと『ブドウ糖』と比べて『果糖』は3倍も内臓脂肪として
蓄積されやすいことが研究で判明しています。

さらに、果物から摂取できる様々なミネラルは、
野菜類からでも同様に摂取することができるので、
果物ではなく、野菜を積極的に食べて頂ければ
ミネラル不足になることもないのです!



ダイエットは正しい知識をもって行いましょう



様々な食事ダイエット方がメディアなどで次々と登場するので
あれこれと試したことがあるかと思います。
しかし人の身体や食材の性質は今も昔も変わりません。
正しい知識を元に日々の食事を意識することが最も大切です。

2018年こそは!とお考えの皆さまは
是非この2つのポイントを意識するところから始めてみませんか?

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら