ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 太ももの前が張るのは骨盤の位置がズレているから!?

太ももの前が張るのは骨盤の位置がズレているから!?

脚のラインは骨盤がキーマンです!

太ももの前がよく張っている、脚が疲れやすい、走ったり、トレーニングすると太ももの前側や外側ばかりがしんどくなる・・とお悩みの声をよく聞きます。
最近は美尻トレーニングが流行し、筋力トレーニングに励む女性も増えて来ていますが、自分が求めているスタイルはゲット出来ているでしょうか?

下半身をなんとかしたい!と思っていらっしゃる方は姿勢のポジションがとても重要になってきます。
キレイな脚のラインを手に入れるためには、骨盤のポジションを整えてから動くことをお勧めします!

最近増えているスウェイバック姿勢とは!?

普段座って仕事をすることが多い、家ではソファに背中を預けて座っているという方は要注意!

こんな姿勢になっていませんか?


この姿勢が習慣化すると、立ち姿勢にも影響してきます。
本来はくるぶしの上にお尻の横のぽこっとした骨(大転子と言います)がある、つまり一直線上に並ぶのがバランスのとれた姿勢と言われています。


先程の姿勢が習慣化することによって、くるぶしよりも大転子が前に出てきてしまうことで骨盤が前に押し出されたような姿勢になります。


この姿勢をスウェイバック姿勢と言います。
ボクシングを知っている方ならイメージはつくと思いますが(笑)
背中が後ろにのけぞったような姿勢になります。

 

スウェイバックが与える脚のラインへの影響

スウェイバック姿勢になると、骨盤が前方偏位し膝が曲がりやすくなります。
そのままでは重心を取れずに転んでしまうため、常に膝を伸ばすための筋肉が対抗して頑張り続けることになります。
膝を伸ばす筋肉はご存知の通り太ももの前側にある大腿四頭筋です。


つまり、スウェイバック姿勢の方は常に大腿四頭筋を緊張させているということです。

そのままトレーニングやランニングをガッツリやってしまうと・・
ご想像の通りです・・苦笑

また腰の反りも同時に起こるため、腰痛も併発しやすくなります。
骨盤が前方変位し、仰向けで寝たときに腰が反っている方は腰痛の原因にもなるので、
一度ご自身の姿勢をチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

骨盤を正しい位置に戻すオススメエクササイズ

スウェイバック姿勢の対策の一つとして重要になってくるのが、骨盤の位置を正しい位置に戻すことです。
普段の運動前に行っていただくとより正しい姿勢で動くことができるので、効率的なトレーニング効果が期待できますよ!

オススメエクササイズはズバリ「ハーフニーリング」

①片膝立ちになり、前後の足の角度が90度になるようにセットする。
②後ろ足は足首を立てるか寝かせて、膝から下のねじれはなしに。
③後ろ膝に重心を乗せて身体を縦一直線にキープする。30秒〜1分を2、3セットチャレンジ!

※前に重心が逃げやすいので鏡を見ながらやってみましょう。
太ももの前や外側にツッパリ感がでる方は普段太ももの前側を緊張させている可能性がより高いです。

正しい骨盤のポジションをゲットし、ぜひ欲しい脚のラインをゲットしましょう!
詳しくエクササイズが知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
4月は期間限定キャンペーン実施中です!

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら