ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 免疫力アップの真実!?

免疫力アップの真実!?

今年に入ってからもう5ヶ月以上が経ちました。しかし、なかなか終息しないコロナウイルスの影響からご自身の体調に気を配りながら生活されていることと思います。

特に身体の免疫力が低下すると様々な不調が起こります。例えば、

・ウイルス、感染症などにかかりやすくなる

・肌が荒れる

・アレルギー症状が生じやすくなる

・下痢をしやすくなる

・疲れやすくなる

こういった症状はみなさん一度は経験したことがあるかと思います。

こうなりたくないから「外出するのも少し気が引ける。」と考えてしまいがちですが、しっかりと身体の免疫力を高めておけば体調を崩すことは少なくなります!

免疫力を高める方法はたくさんありますが、今回は「運動」という分野にポイントを絞ってお話していきます。

IMG_6449.png

(データ:Br J SportsMed.;45,987-92,2011

こちらのデータによると、「運動をしない人」よりも「運動をしている人」の方が風邪をひきにくいという結果が出ています。

もちろん運動をすることが身体に良いというのは広く知られていますが、それはなぜなのかというところを簡単に説明していきます。

運動をすることによって体温が上昇します。一般的に免疫力が正常に保たれる体温は36.5℃程度といわれています。免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると一時的に最大56倍アップするともいわれ、体温を上げることの重要性がよくわかります。

その他にも

・筋肉量、基礎代謝の増加

・血流が良くなる

・リンパの流れが良くなる

・冷え、むくみの改善

などなど、運動には多くのメリットがありますので、しっかり身体を動かしていきましょう!

とはいっても、激しいランニングやトレーニングを毎日続けるといった過剰な運動は逆に免疫力が下がってしまいます。

IMG_6526.png

上の図のように、運動習慣なしの方よりも高強度の運動をしている方のほうが実は感染リスクは高くなるというデータも出ています。

激しい運動をしすぎると疲労の回復が遅いため疲れが溜まりやすくなっていきます。するとストレスや睡眠不足、食欲不振など、多くの不調が出てしまい運動による免疫力アップの効果が薄れてしまいます。

こういったことから、やはり適度な運動を定期的に行うことが最も免疫力をアップさせる重要な要素だと言えます。

Be-Styleでは月2回、2週間に1回というペースで、いわゆる心拍数をガンガン上げるような激しい運動はほとんど行わず、「頑張らない運動」をコンセプトに掲げています。

まずはお客様の目的に合ったリセット、エクササイズを組み合わせ、より効果を出せる形で提供します。その際には、私たちも共にお客様の目標達成ができるよう全力でサポートさせていただきます。

そして最終的にはお客様自身で身体の調子を整えられる、セルフコンディショニングを身につけていただきます。

そうすることでご自身の身体を自分が1番理解し、目標達成により近づいていけることはもちろんのこと、体調に関してもご自身で整えていけるようになります!

今後さらに健康思考が強くなっていくと予想されます。この機会にぜひBe-Styleでセルフコンディショニングを身に付け、免疫力をアップするとともに疲れにくい身体を手に入れましょう!

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら