ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 柔軟性の秘訣は股関節にあり!

柔軟性の秘訣は股関節にあり!

こんにちは、Be-Styleの脇です。
今回7月18日(土)の守山店6周年イベントで『柔軟性の秘訣は股関節にあり!』
を担当させて頂くことになりました。

こちらでは股関節の正しい柔軟性や可動域また、身体の柔軟性と股関節の繋がりを

ご紹介させて頂きます。

 

 

いきなりですが、皆様に質問です。
皆さんは、硬い股関節と聞いてどんなイメージを持たれますか?
また、柔らかい股関節と聞いてどんなイメージを持たれますか?

股関節が硬いと感じていたり、人に言われたことはありませんか?

硬いイメージはつきますが、柔らかいということは、意外にも勘違いされている方が多いのです。
少しではありますが股関節の柔軟性についてお話いたします

 

 

硬い股関節とはどんなイメージ?

①開脚や前屈が出来ない。

②三角座りが出来ない
③ストレッチをしてもなかなか効果が出ない。

 

股関節が動かなさ過ぎるのは、NGです。
動かない股関節は、筋肉自体に弾力が無く本来持っている可動域が出せていない状況です。
この状況が続くと腰や膝に負担が多く掛かってしまいます。
ですので、股関節の柔軟性が必要となります。





柔らかい股関節とはどんなイメージ?

①脚が180度に開脚できる、またはバレリーナの様にY字、I字バランスが出来る。
②女の子座りなど股関節が内側にかなり動く事が出来る。
③えび反りでカカトが頭に付く事が出来る。

 

 

 

 

果たしてこの柔らかさが100点なのでしょうか?
実は、どれも正しい動きとは言えません。!

股関節が動き過ぎるのもNGなんです。
特に開脚180度に脚を開くのは、かなり関節に負担をかけています。
しかも、筋肉のチカラ発揮が上手くできません。
また関節が動き過ぎると怪我の原因にもなります。


大切なのは、適度な可動域と柔軟性そして筋力です。
今回のイベントでは、正しい股関節の動きとは何なのか!
どうすれば正しくスムーズに動く身体作りが出来るのかをお伝えします。
骨盤と背骨と股関節の関係性も知っていただきます。

 

 


すでにリアルでの定員が埋まったので
ご参加はオンラインから受付ております。

電話、メールまたはLINEからお気軽にお申し込みいただけます。
ぜひこの機会にご参加ください。

LINEからのお申し込みはこちらです。⬇️

 

 

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら