ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > ストレッチポールに乗ると身体が引き締まる!?

ストレッチポールに乗ると身体が引き締まる!?

ストレッチポールに乗ると身体にいいって聞いたからなんとなく乗ってみたいけど、
もしかしてストレッチポールに乗ると痩せたりするの?と思った方、
使い方や乗る時のポイントをおさえればお腹や全身の引き締めに繋がります!
「ダイエットしたいけどハードな筋トレはしたくない、、!」
という方はぜひご覧ください。


目次:

なぜストレッチポールに乗ると身体が引き締まるのか?

身体が引き締まるストレッチポールの使い方

よりストレッチポールを使って身体を引き締める方法


なぜストレッチポールに乗ると身体が引き締まるのか?


そもそも、なぜストレッチポールに乗ると身体にいいのでしょうか。
ストレッチポールは、簡単に言うと”背骨を整える”アイテムになります。
ストレッチポールにこのようにしばらく寝るだけでも、
背骨の位置が正しいカーブに整っていきます。

お腹に脂肪がついてしまう原因としては、お腹の筋肉が使えていないからなのですが、
背骨のカーブの状態が崩れてしまうと、
普段立っている時や座っている時にお腹の筋肉が使いにくくなってしまいます。

なので、お腹を引き締めるためには、
まずは背骨の位置を正しい位置に整えることが必要です。
先ほど述べたとおり、ストレッチポールは乗っているだけで背骨が整いますので、
とても頼りになるツールとなります。

身体が引き締まるストレッチポールの使い方


背骨を整えるのと同時に注目して頂きたいのが、
”肋骨の動き”になります。
お腹の筋肉、特にインナーマッスルが使えるようになることが大事なのですが、このインナーマッスルは肋骨についています。
つまり、肋骨が開いたり閉じたりする動きが出ないと
インナーマッスルも伸び縮みが出ず使いにくくなってしまいます。



肋骨やインナーマッスルは、呼吸をする時に動きます。
息を吸う時に肋骨が開く動きが出るか、
息を吐く時にインナーマッスルが縮む動き(肋骨が閉じる動き)が出るか、
がお腹が引き締まるかどうかのポイントになります。

ストレッチポールに乗って呼吸をすると、
床で普通に呼吸をするより肋骨の開く動きが出やすくなるので、
よりお腹の引き締めには効果的です。

つまり、お腹が使えるようになるのを意識するのであれば、ストレッチポールに乗りながら肋骨の動きを意識して呼吸をするのが大事です。

そして、お腹が使えるようになると、立っている時や座っている時の姿勢が崩れにくくなり、全身の姿勢が整い、
お腹以外の二の腕や太ももなど他の部位も正しく筋肉が使えるようになり、引き締まりやすくなります。


ストレッチポールの使い方について
動画にもまとめていますので、ぜひご覧ください。

よりストレッチポールを使って身体を引き締める方法

ストレッチポールに乗って背骨と肋骨が整い、インナーマッスルが働くようになってきたら、
インナーマッスルを使った状態で手足を動かせるようにもしていきましょう!

まずはこちらの動画の寝た状態で挑戦してみてください。
立った姿勢で使えるようになることがゴールですので、
他のあらゆる体勢でもインナーマッスルを使った体幹トレーニングを行っていきましょう。


上記で述べたとおり、背骨と呼吸は姿勢の改善や
身体の引き締めにとても大事になります。
スタジオのレッスンでは背骨をストレッチポールで整えること、呼吸のトレーニングを毎回取り入れながらトレーニングを進めていきます。

「スタジオでの背骨と呼吸のトレーニングを体感してみたい」という方は
一度体験レッスンへお越しください!

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。