ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 座りすぎは万病の元になる?

座りすぎは万病の元になる?

突然ですが、あなたは1日何時間座っていますか?

特にデスクワークの人の中には、1日10時間以上座っている人もいるのではないでしょうか?
一度1日の生活を振り返ってみて、どれだけ座ってる時間が長いのか検証してみるといいかもしれませんね。

朝食を食べながら「座る」→通勤中に電車か車で「座る」→仕事中に「座る」→通勤中に「座る」→夕食を食べながら「座る」→携帯電話やTVを見ながら「座る」

どうですか?いかに座ってる時間が長いのが分かるのではないでしょうか。

では、なぜ座りすぎがよくないのか。

それは、人間のカラダは本来動かすようにできていて、動かすことで健康を保てるようにできているからです。

昔と今では働き方も遊び方も変わってきて、子どももゲームや動画を観ながら座ってる時間が長くなってきました。座ることがよくないのではなく、座りすぎがよくないのです。

   

座りすぎによって、まず下半身の筋肉はスイッチが切れた状態になります。
そうすると第二の心臓と呼ばれるふくらはぎの筋肉が働かなくなり、血流やリンパの流れが滞っていきます。

それがむくみや冷えの原因となったり、心筋梗塞、脳血管疾患、肥満、糖尿病、がんなど健康に害を及ぼしたりする危険性が高まります。

それ以外にも、同じ姿勢でいることや崩れた姿勢で座っていることで、肩こり・頭痛、腰痛、股関節痛など様々な問題が生じてきます。それらのお悩みはないですか?

それらの解決策として、まずは座る時間を極力減らすこと、定期的に合間に立ち歩いて動くことが大切です!!

そして、あなたの座っているときの姿勢はどうなっていますか?
あなたのくせを知ることが、痛み改善など座りすぎのリスクを解決することにつながるかもしれません。

また、動いた方がいいのは分かっているけど、仕事上座ることは避けることができない。
そのような方は、正しい座り方について、仕事の合間にできること、座りすぎで固まっているところを動かしていく方法などを知ることで座りすぎのリスクを減らすことができます。

具体的にどうしていったらいいのか、、

大阪店の4周年イベントの中の取り組みで、9月30日(水)19時~座りすぎケアについての講座を行います。
その中で詳しくお伝えしますので、ご興味ある方はご参加くださいませ。
現在、スタジオでの参加は定員となりましたが、オンラインでの参加はまだ受付中です。

申し込みはこちらまで↓

LINEを登録の上、メッセージをお願い致します。

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら