ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > O 脚改善エクササイズ

O 脚改善エクササイズ

O 脚とは?


まず初めにO脚についてご説明させていただきます。
原因としては、立ち方・歩き方の癖や足を組む癖、運動不足、不良姿勢などの日常生活にあります。
また、そのままにしておくと股関節、膝、足首などの怪我にも繋がってしまいます。


理想的な足の形とは !?


①足首と膝の向きが同じ方向を向いている
②内もも、ふくらはぎ、くるぶしがついていることが大切です。

内腿の筋肉や裏もも、お尻の筋肉をしっかりと使っていきましょう。
そうすることにより足のラインがより綺麗になっていきます。





 O 脚と言っても様々なタイプがある

・膝下O脚
まっすぐ立った時に太ももはくっつきますが、両ひざから下はお互いにつかない状態で、
膝の外側の骨が出っ張り、すねの外側の筋肉が発達しているタイプです。


・股関節O脚
両足をそろえて立った時に股下が開いており、股関節の外側の骨が骨盤よりも外側に出っ張り
お尻や太ももの肉も外側に引っ張られて太くなりるタイプです。


・ 膝下と股関節のO脚
「膝下O脚」と「股関節O脚」が同時に起こります。
まっすぐ立った時に股下が開き、すねの外側に余計な筋肉がつきやすくなります。
また膝の外側の骨と股関節の外側の骨が外側に出っ張っているタイプです。


・XO脚
両足をそろえて立つと膝はくっつきますが、股下と膝下が開いており。
膝のお皿が内側を向いて内股になります。
脚の外側の筋肉が発達して太くなっているタイプです。



改善方法ついてのエクササイズをご紹介します


骨盤周りの筋肉が固まり、上手く股関節が動かないことにより下半身の緊張が生まれてしまいます。
普段の運動不足による筋力低下なども原因の一つです。
なので股関節のはまりや膝の向きを整えるエクササイズをご紹介します。
お尻、裏もも、内ももの筋力アップも行い、より綺麗な脚を手に入れましょう。



①ロッキング
関節周りの筋肉を動かして関節の理想的なはまりを作っていくと共に骨盤と股関節の
連動性や可動域を正しく出す事ができます。



このエクササイズを行うことで、大腿骨と膝のラインが真っ直ぐになります。
内ももやお尻を正しく使えると共に骨盤の安定性が上がります。
また、前ももの余計な張り感も無くなってきます。
1分~2を目安にゆったりとしたペースで行う事を意識しましょう。  



②クラム
股関節外旋運動でお尻の筋力アップと脚のラインを整えます。


このエクササイズを行うことで、O脚の特徴である外ももを使い過ぎてしまう姿勢から抜け出せます。
お尻の筋肉がうまく使えることにより、脚のラインや膝の向きなどが正面を向いてくれます。
ももの開きも無くなり美脚エクササイズとしても効果的です。

呼吸を止めずに30回を目安に1~2セットを行ないましょう。
お風呂上がりにチャレンジしてみて下さい。



③ヒップスクイーズ

お尻と裏ももを同時にトレーニングします。
O脚は、主に外側の筋肉を過剰に使ってしまうのが原因です。
なので内側の筋力を上げていきましょう。



このエクササイズを行う事で、お尻と裏ももの筋力が上がり脚の内側の隙間が無くなってきます。
クッションやタイルを挟む事でより筋肉への刺激も上げられます。
また普段立っている時もこちらの筋肉を意識しやすいです。

歯磨き中、洗濯物を干している時などにチャレンジしてみて下さい。
呼吸も忘れずに、30回を目標に行って下さい。


上記のエクササイズを毎日1回行ってみてください。
運動前やお風呂上がりなどオススメです。
これから季節的にも暖かくなって来ますし是非行ってみましょう。

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら