ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 理想的な呼吸とは!?

理想的な呼吸とは!?

皆さん『正しい呼吸』と聞いてどんなイメージを持たれますか?
息を大きく吸う!吐く!など様々なことがあげられますね。
今回は、理想的な呼吸とは何か、またどうすれば良いのかについてお話いたします。

 

 


呼吸とは、酸素を取り込み不要になった二酸化炭素を排出するシンプルな動作です。
このシンプルな動作の中で大切になってくるのが肋骨の動きです。
しかし現代人のほとんど人が呼吸を正しく出来ていません
呼吸は、1日約23000回ほど行います。正しい呼吸で酸素を十分に取り込めないと、身体機能に影響を及ぼします。

 

 

この時の理想的な動きは、仰向けに寝た時に、ご自身の胸が天井の方に動き、肋骨の下は、横に膨らむのが理想的です。
そのように動いてないと首や肩の筋肉を使って呼吸をしてしまいます。

理想的な呼吸で主に使われる筋肉は横隔膜と言われる筋肉です。
横隔膜が正しく動く事で肺の中にある酸素と二酸化炭素の交換をスムーズにしてくれます。
ですが横隔膜が動いていないと補助筋の僧帽筋や、胸鎖乳突筋を使って呼吸をしてしまいます。

 

補助筋の僧帽筋や、胸鎖乳突筋を使って呼吸は、慢性的な肩こりや腰痛の原因に大きく関わります
では、どうすれば良いのか?
それは、横隔膜の正しい動きを引き出す事が大切です。では、早速エクササイズを行って行きましょう。

 

『肋骨のと鎖骨周りのリセット』 

鎖骨の下を胸の真ん中から肩に向けて軽くさすります。 
鎖骨下リンパも一緒に流して行きましょう。
デコルテラインも綺麗になります。

何度かさすったら少し位置を下げまた同じ動作を繰り返します。
少し力を入れてゆっくりと胸に圧をかけください。
骨の間を溝そうじするようなイメージで行ってみてください。
このときに呼吸を忘れずに!

 



 

『肋骨のリセット』

次に手でL字を作り肋骨の横をさすります。
このとき上から下に動かすととても行いやすいです。
息を吐きながら行うと肋骨がよりしっかりと動いてくれます。

 

 

この二つのエクササイズを行う事で正しい呼吸を手に入れられます。
先ほどもご説明したよいに胸が天井の方に動き、肋骨の下は、横に膨らみます。
しかも自律神経の安定や睡眠の質も向上します。

寝る前や朝起きた時に実施するがオススメです。
デスクワークの間にすると仕事の効率の上がるので1日3分を目安に是非行ってみてください。

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら