ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > ファスティングで身体の内側から美しく!

ファスティングで身体の内側から美しく!

近年流行している「ファスティング」いわゆる断食ですね。

短期間で体重を落とすことができるというメリットはあるものの、「実際にやって本当に効果が出るか不安。」「きつすぎて途中で挫折しそう。」「そもそもやり方がわからない。」というような理由で、いざチャレンジするまでになかなか至らないことが多いかと思います。

今回はファスティングのメリット、デメリットとその種類についてもお伝えして行きます!

目次

  • ファスティングとは?
  • ファスティングの種類
  • それぞれのメリット、デメリット
  • まとめ

ファスティングとは?

ファスティング(断食)は、一定の期間、全ての食物もしくは特定の食べ物の摂取を断つことです。

ファスティングには色々な方法があり、1日のうち1〜2食を抜く簡単なものから、数日の間、固形の食べ物を全く摂らないものまで様々なやり方があります。

健康促進や美容のために行われるファスティングでは、一定の期間、食事を摂らず、水、お茶、酵素ドリンクや酵素ペーストを飲んで過ごし、常日頃働いている消化器官を休め、調子をよくすることができます。初めてチャレンジする方は、必要最低限のカロリーや栄養を補給しながら無理なく実施するやり方をオススメします!

ファスティングの種類

  • 1週間断食
  • 16時間ダイエット
  • 月曜断食

メリット、デメリット

1週間断食

1週間のうち、最初の2日は軽食を摂り断食の準備を行います。そして間の3日間を水分で過ごし、残りの2日は回復食を摂るという方法です。

【メリット】

・短期間で体重を落とすことができる。

・腸内環境をリセットすることができる。

【デメリット】

・方法を間違うと、身体への負担が大きくなる。

・筋肉も落ちてしまう可能性が高い。

16時間ダイエット

1日(24時間)の中での断食する時間帯(16時間)と、食べてもよい時間帯(8時間)の比率を表しています。ひと晩中(通常は朝まで)断食し、8時間という時間枠の間に食事を行うというものです。

【メリット】

・食事時間を一定時間に制限することで、食べ過ぎを防ぐことができる。

・インスリンレベルを下げることによって体内の脂肪燃焼能力を向上させることができる。

【デメリット】

・一定の期間継続しないと効果を実感しにくい。

・食べるものに注意しないと、血糖値が急上昇してしまう。

月曜断食

月曜日(他の曜日でも可)朝、昼、夜ご飯を食べずに水だけで過ごすというものです。それ以外の平日は体に負担のない「良食」を、土日は好きなものを食べることができます。

【メリット】

・簡単に始められる。

・ストレスが少なく、習慣化しやすい。

【デメリット】

・効果が出るのに時間がかかる。

・ライフスタイルによっては断食の曜日を固定するのが難しい。

まとめ

ファスティングには上記で説明した方法以外にも、さまざまなやり方があります。

しかし、どれも正しく行わないと、効果が出にくくなってしまうだけでなく、身体への負担も大きくなってしまいますね。自分のライフスタイルに合ったファスティングにチャレンジすることをオススメします!

体験レッスンは随時受付中。詳しくはこちら↓↓

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら