ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 口呼吸が及ぼす姿勢への悪影響!

口呼吸が及ぼす姿勢への悪影響!

近年流行しているコロナウイルスの影響で1日中マスク生活をされているのではないでしょうか?
マスクでの生活では、どうしても口呼吸になりやすいです。

そこで今回は、『口呼吸が及ぼす姿勢の悪影響』につてお話していきます。

口呼吸になってしまうと『猫背』『反り腰』『肩こり』など様々な悪影響をもたらします。
また、頭が前に落ち姿勢が悪くなると、背骨のラインや立ち方、歩き方がおかしくなりバランスが崩れていきます。

一部のバランスが崩れるとずれたままバランスを取ろうとして、さらに他の部分までずれてしまいます。
さらに連鎖的にからだ全体のバランスが崩れ、舌の位置が下がってしまうことで、口がポカンとあいた口呼吸になってしまいます。
パソコンやスマートフォンなどデジタル機器の使いすぎも原因になります。


どうすれば改善できるのか?

舌の位置を正しくする事が大切です。

写真のように舌は、上アゴに付いているのが理想的ですが、ほとんんどの方が下に落ちています。
正しい舌の位置は、頭と首を正しい位置で安定させる役割があるとともに、体幹の筋肉とも連動しています。
舌が歯についていると、どんなに姿勢を正してもすぐに緩んで元の状態に戻ってしまいます。
舌が常に正しい位置にあることも、正しい姿勢づくりに必要となってきます。

ちなみに頭の重さは、成人で体重比の約10%といわれています。
体重約60キロの人の頭の重さは6キロという計算になります。
頭が前に落ちてしまうことが、姿勢に大きな影響を与えています。

 

チンインヘッドアップ

口呼吸になっている方必見のエクササイズ!!

頭を正常な位置に戻すとともに、舌の筋肉も使っていきます。
頭が前に落ちてしまう原因として、下アゴの筋肉が弱いことと、マスクなどにより口呼吸になっていることがあります。


<やり方>
 ①寝た状態でアゴを引き、背骨から頭が一直線になるよう意識します。
 ②その状態で頭を持ち上げて、30秒程キープさせましょう。
  この時に舌を上アゴに押し付けながら行いましょう。

<注意点>
 ①肩に力が入らないようにしましょう。
 ②呼吸を行いながら、腰を反らないように行います。

このエクササイズを行うことで、頭の位置が理想的なポジションになり、舌も意識して使うことができます。

そうすることで、口呼吸から抜け出せます。
1日に2回を目安に行ってみてください。

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら