ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 夏に靴をあまり履かない方は足元を整えて冷えむくみ夏太り撃退 

夏に靴をあまり履かない方は足元を整えて冷えむくみ夏太り撃退 

夏のサンダルにご用心

暑い季節になり、足元を涼しくしたいという思いからサンダルを履く方が増えているのではないでしょうか?


これからの季節は楽で涼しい方が嬉しいですよね。
ただし、気をつけていただきたいことがあります。

特に、サンダルをよく履く方で、最近
・足が冷えたりむくみやすくなった
・足が重だるく感じることが増えた
・夏になると太りやすい
と感じているならば、足元の姿勢が崩れているのかもしれません。

足は姿勢の土台であり、身体の循環にも関わっていることから、
崩れてしまうと身体の内外に影響が出てきます。

足元を楽にする分、ケアも行い、良い夏にしていきましょう!

サンダルを履く方に多い姿勢の歪み

普段靴を履いていると、かかとや足指が安定しやすいのですが、サンダルになるとそこが不安定になりやすく
ズレが生じる可能性が高まります。
その代表的な歪みが浮き指をはじめとした指の変形です。

 


この指になると、足指がうまく機能しないため、
足指の間にあるリンパがうまく流れず、冷えやむくみの原因になります。
夏は冷房も使い始めるうえに足元が冷えることで、代謝が落ち、結果夏太りが起こりやすくなります。
さらに言えば、これに冷たい食べ物飲み物が増え、お風呂に浸かる機会が減ってシャワーばかりになるとなおさら、、

あなたの足はグーを作れますか?(骨がしっかり出るかも)また指同士を離すことができますか?
できなければ、浮指の可能性が高いです。

また、足には衝撃吸収と力を伝えるという二つの役割があります。
足でうまく衝撃を吸収できない分は、ふくらはぎや太ももで吸収せざるを得ないため、
下半身太りの原因になります。
さらに、力を伝える場面は特に歩く際の蹴り出しの時です。しっかり足で蹴り出しができないと、
その分上半身が力を出さないといけないので、腰や背中にしんどさを感じることがあります。

難しい言葉になりますが、上行性運動連鎖といって、
足元の姿勢の状態が上半身にまで影響すると言われています。


体表面積のたった2%しかない足元ですが、それが上半身にも関わるということはそれだけ重要であり、
だからこそ人の骨の4分の1が足に集中しています。

足指の動きを取り戻す

では、足指の動きを取り戻すエクササイズのご紹介です。

 

お試しくださいませ。
まず自分の足が機能しているかどうかを知りたい方は、足型測定を当スタジオで実施しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら