ブログ
ブログ

ホーム > ストレートネック > ストレートネック改善で肩こり首こり、頭痛、めまい対策

ストレートネック改善で肩こり首こり、頭痛、めまい対策

ストレートネックが首や肩の不調の原因?

パソコンやスマートフォンなどのデジタルデバイス使用時間の増加をきっかけに首こり肩こり、頭痛、めまいといった不調を訴える方が増えてきました。ひどい方は吐き気まで起こります。
この大きな原因がストレートネックと呼ばれる姿勢にある可能性が高いです。最近ではスマホ首と呼ばれたりもしていますね。
指摘されることもあれば、外を歩いていて頭が前に出ている方をよく見かけませんか?上にある不調を改善するために薬を服用している方も少なくありません。それでも改善しない場合は姿勢に目を向ける必要もあると言えます。

ストレートネックとは?

名前の通り首の骨がまっすぐになっている状態を言います。まっすぐが良いんじゃないの?と思う方も多いかもしれません。実際は首の骨は前弯といって緩やかにカーブをもっています。前に反っているような形をしています。


このカーブがあることで重力の負担を吸収することができ、首の筋肉のバランスが保たれ、首を通る神経への負担を減らします。反対に、カーブがなくなることで、首の筋肉のバランスが崩れる→肩こり首こりの原因首を通る神経への負担増加→頭痛やめまいにつながってしまいます。

では、ご自身はストレートネック傾向にあるのか簡単にチェックしてみましょう。
横向きになって耳たぶと肩のラインが揃っているか確認します。
この時、耳たぶが肩よりも前に出ている場合はストレートネックの可能性が高くなります。

ストレートネックの原因

首が前に出ているから後ろに引っ込めようとしてもなかなか改善しないことが多いのが現状です。
それは、首から骨盤までが背骨で繋がっているからです。

土台の骨盤や背骨の姿勢が崩れていることで、首が前に出ていることが多いのです。その場合は骨盤からの見直しが必要です。
多いのが、骨盤を前に突き出した反り腰姿勢になることでバランスを取るために頭を前に出してしまっているパターンです。これでは首の下の胸椎はまっすぐに、なりその下の腰椎は反りが強くなって、本来の背骨の形が崩れてしまいます。結果、首の前弯もなくなってしまうのです。

デスクワークで背もたれにもたれて座っている、台所にお腹を当てて家事をしている、抱っこが多いとった日常生活の癖が骨盤を前に出してしまいます。
この場合は反り腰の改善がストレートネックの改善に繋がってきます。

ストレートネック改善エクササイズ

では、土台の骨盤や背骨を整えるエクササイズをご紹介します。

骨盤を整えるエクササイズ

背骨を整えるエクササイズ

首を整えるエクササイズ

是非お試しくださいませ。
当スタジオでは30分の無料カウンセリング実施中です。お身体のお悩みなどお気軽にご相談ください。
詳しくはこちらからどうぞ。

https://www.be-style2014.com/lp/

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。

体験申込・レッスン予約はこちら