ブログ
ブログ

ホーム > ブログ > 引き締めの習慣を身につけるには?

引き締めの習慣を身につけるには?

ほとんどの方が、年末年始も終わり仕事も始まって、
普段のペースを取り戻されてきた頃だと思います。

”年末年始に食べ過ぎて、さらに太ってしまった”
”去年から痩せたいと思っていたけど中々動き出せず、
新年から頑張ろうと思っている”

という方、どうしたら引き締めを実現できるのか、
ぜひ考えるきっかけとしてご覧ください!


目次:

身体の引き締めに必要なこととは?

やるべきことは分かっているけど続かないのはなぜ?

引き締めの習慣を身につける方法


身体の引き締めに必要なこととは?


身体を引き締めるためには、何に取り組めばよいのでしょうか。

大きくいうと下記の2つ、
①筋力トレーニング
②食事の改善
になります。

この二つに取り組むことが大切、ということはいうまでもなかったかもしれません。
分かっているのに痩せない…という方、
問題は、”分かっていても続かない”というところです。

やるべきことは分かっているけど続かないのはなぜ?

やるべきことが上記の2つと分かっているのに、
続かないのはなぜでしょうか。


まず言えることは、
”やるべきことが具体化されていない”
からではないでしょうか。

例えば、①筋力トレーニング であれば、
どのメニューを、どれくらいの回数・強度・頻度で行うのか
を決めておく必要があります。

何となく運動しておいたら痩せるだろう、と思っていても、
”週◯回”など頻度を決めておかなければ、
その時の気分に流されてサボってしまうのが人間です。


もう一つ言えることは、
”続けられる方法で取り組めていない”
ということです。

例えば、②食事の改善 であれば、
甘いものは一切食べないようにする、と決めていても、
確かに我慢できている間は体重が減るかもしれませんが、
甘いものが好きな人からすれば、ずっと続けることは難しいでしょう。

“週1回は食べてOK”など、
これなら続けられるという内容で
継続して取り組めるようにすることが重要です。

引き締めの習慣を身につける方法

引き締めの習慣を身につけるために必要なことは、
”やるべきことを具体化する”
”続けられる方法で取り組む”
ということに気づいて頂けたでしょうか。

あとはこれらが決められたら、最後は行動あるのみです!
自分に本当に合っているのかというのは
やってみなければ分からないことです。

「やってみよう!」と今心が動いた方へ、
”引き締まりやすい姿勢づくりをした上での
引き締めエクササイズ”をご紹介します。

今回は、太もも(内もも)の引き締めについて
一例をあげていきます。

骨盤の向きを整えて
内ももに効きやすくするエクササイズ

内もも引き締めエクササイズ
(骨盤の向きが整った後に行うと効果的です)

Be-Styleでは、姿勢改善・コンディショニングをベースとして、
引き締めの習慣を身につけたい方にも、
自分で続けられるトレーニングメニューを
お伝えしてサポートさせて頂きます!

自分に合った続けられるトレーニングを知りたい方、
こちらから体験レッスンお待ちしております!

体験レッスンのお申し込みはお気軽に。